格安SIMの通話料を少しでも安くしたい

トップページ > 格安SIMの通話料を少しでも安くしたい

格安SIMの通話料を少しでも安くしたい

大手キャリアでスマートフォンを利用するよりも格安SIMを利用したほうが通話料金が高くなってしまうという点が格安SIMのデメリットといえます。格安SIMを利用した場合、30秒通話すると通話料金として20円発生することになります。

 

ですので、毎日1日10分電話した場合、一ヶ月に12,000円の通話料金が発生してしまうという計算になります。これでは、普段から電話をしている人にとって、通話料が高いから格安SIMに乗り換えた意味がないと感じるかもしれません。

 

ですが格安SIMにして、通話料金を0円にしたり、通話料を半額にすることも可能になっています。実際のところ、通話料金を1,000円以内に留めることができている人は非常に多いです。私自身も格安SIMを利用していますが、通話料金は1ヶ月に200円前後くらいなものです。

 

実際のところ、格安SIMを使ってスマートフォンを利用しているという人の75%ほどの人は1ヶ月に30分以内くらいしか電話をかけることがないということが統計で分かっています。

 

スマホ同士で友人などの場合は、LINEなどのような無料通話を使って通話をすることがほとんどのようです。30分くらいであれば、一ヶ月に1,200円ほどの通話料金になりますから、そこまでの出費ではありません。格安スマホでも、楽天電話を使って電話をした場合、通話料金は30秒10円という計算になりますので、600円程度に留めることが出来るようになります。

 

格安SIMを利用しているヒトデ、一ヶ月に2時間以上の通話をしている人というのは、6.7%くらいしかいないですので、そこまで通話料金を気にする必要はないといえるでしょう。