BCAAの飲み方

トップページ > BCAAの飲み方

BCAAの飲み方

アミノ酸の一種であるバリン・ロイシン・イソロイシンを総称して、BCAAと呼んでいます。BCAAを摂取しようと意識するのは、サプリメントなどを利用しようとするときではないでしょうか。

 

サプリメントでは、BCAAが揃って一つの製品に加工されているケースが目立ちます。それだけBCAAが体に重要な働きをもたらすアミノ酸だからなのですが、間違った飲み方をするとあまり効果がありません。より効率よくBCAAを利用するには、どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。

 

運動前に飲む

 

BCAAの作用は、運動能力の向上、体脂肪の燃焼、集中力のアップ、筋肉疲労をおさえるなどです。これらは、運動によってもたらされる結果ですね。つまり、BCAAは、運動前に飲むと上記のような効果をもたらしてくれるというわけです。

 

オリンピックの選手などが、試合前にたんぱく質の多い食事をとるという話を聞いたことがありますか?これも、BCAAを多く含む食品をとることによって、筋肉を上手に使おうとするためです。摂取してから30分後くらいからばBCAAの働き始めになるので、運動する30分前に飲んでおけば有効に活用できるでしょう。

 

BCAAの摂取量

 

BCAAを飲む量によって、効果の持続時間も違ってきます。例えば、2,000mgのBCAAを摂取すると、運動効果は2時間程度続くといわれます。それ以下では、1時間ほどすると血中濃度が低くなってくるそうです。

 

このため、運動する30分前に2,000mg以上のBCAAをとっておけば、ちょうどいいくらいの能力を発揮できるのではないでしょうか。ちなみに、2,000mgのBCAAを食品でとろうとすると、鶏卵で2個、牛肉で70g、牛乳で2杯分に換算されます。運動する前に食べるとお腹が痛くなるというような人は、サプリメントを利用してみるといいかもしれませんね。